マンガ紹介

【2022最新】絵が美しい漫画24選!

乙嫁語り(森 薫)

どこまでも細かく精密な描き込み

シルクロードの生活文化を中心に、遊牧民の娘が定住民の少年に嫁いだところから始まるこの話は、主人公の魅力あふれる様子と共にとにかく美しい作画が魅力です。

作者の森薫自身があとがきページで語っているように「とにかく描き込むことが好き」という方なので、精緻な服の刺しゅうから動物の毛並み、木材を彫り込む筋の一つまで丁寧に描かれています。

どのページを見ても「白い」と思う背景がないくらいに、小さなコマの隅にまで手が込んでいるため、何度見返しても新たな描きこみに気づくほどです。

話の一部に入浴シーンがあるのですが、肌の部分が多いために画面に白い部分が多数あり作者が「こんなに白くていいのか…」と悩んだというエピソードもあります。

作者の別作品にはアニメ化もした「エマ」という中世ヨーロッパが舞台のメイドと貴族の話もありますが、こちらもまたドレスのレースの一つ一つまで手書きがされているため、柄トーンでの誤魔化しがない純粋な美しさが楽しめると思います。

空挺ドラゴンズ(桑原太矩)

ジブリ好きは絶対ハマる!壮大なスケールで描かれる、ドラゴンハンターの冒険物語。

龍が空を飛ぶ架空の世界で、捕龍船と呼ばれる飛行船に乗り、龍を捕獲することで生業を立てている男女19名の船員たちの物語です。

時代は中世のヨーロッパを舞台としたような、ノスタルジックな異国情緒溢れる世界が描かれています。

様々な過去を持つ個性的なキャラクターたちの個々のストーリー展開が面白いのはもちろんのこと、大空を舞台に架空の生き物龍との交戦が圧倒的な画力で描かれていて、そのスケールの大きく壮大な世界観に引き込まれます。

また作中に出てくる龍を使った料理には、空腹時食欲を刺激されること必至です。

捕龍船が停泊する土地土地で龍を使った料理が出てくるのですが、その料理の美味しそうなこと、また船員たちがガツガツと競い合って食べいる姿は、架空の食材ながら見ていて食べたくなる人は多いのではないでしょうか。

ジブリ飯ならぬドラゴン飯、再現したくなります。

ストーリー展開、圧倒的な画力、グルメ要素と様々な角度から楽しめる作品です。

Amazonで見る

恋はつづくよどこまでも(円城寺 マキ)

勇者と魔王のやり合い良い

あの「恋つづ(恋はつづくよどこまでも)」が実写化されました。

修学旅行生の七瀬(上白石 萌音)が街中で出会った医師 天堂(佐藤 健)が同じ病院で再会するストーリーです。

5年前の片思いしていた新人看護師が先生に恋するなんてさすが恋愛漫画です。

新人看護師の七瀬の一途さに冷静で超ドS対応する医師 天堂にみんなの心がキュンキュンです。

七瀬看護師が患者さんを天堂先生のいる診察室を間違えて「バカ」と書いた紙を渡すシーンが面白かったです。

最終回では、1年後に留学して帰ってきた七瀬が天堂に家具するシーンがとても良くて心がジーンと温まる感じでした。

あと、新人の七瀬が天堂医師に向かって「ドSハートを盗みに」という上白石 萌音ちゃんとても笑顔が最高で可愛かったです。

ハラハラ、ドキドキ、胸キュンとする最高のストーリーなのでとても面白い作品です。

漫画では、一つ一つの人物の表情のタッチも素晴らしかったです。

Amazonで見る

CLOVER(CLAMP)

儚く脆い夢物語

魔法使いの少女が選んだ、あまりにも儚くて脆い夢物語です。

シンプルで美しいイラストは、まるで芸術品のようで、服の細かな飾りまで計算されて描かれたようです。

スクリーントーンのような効果は使われず、インクのみで描かれた世界が、とってもミステリアスでオリエンタルに描かれています。

生まれて初めてのワガママな日々を送るスウと、愛する者を失いながらもスウを守るカズヒコ。

二人の会話がとても淡々としていて、物語をより哀しく感じさせます。

派手なバトルなども在るのですが、基本手にスウとカズヒコの心の動きがメインです。

やがて、スウが何を願っていたのか、そしてなぜカズヒコが選ばれたのかがわかってきた時に、この物語の本当の哀しみが伝わってきます。

魔法と近未来という、本来なら混ざり合わない世界が不思議な融合を見せます。

美しい絵柄と、儚いストーリーがまるでおとぎ話のような、優しくて物悲しい雰囲気を作り出します。

読み終わった後に、思わずため息が出るような漫画です。

Amazonで見る

少年のアビス(峰波りょう)

あの町で僕は彼女と出会ってしまった。田舎町で暮らす少年少女らのスーサイドラブストーリー

田舎町で暮らす高校三年生の主人公、黒瀬令児はコンビニで働いていた元アイドルの青江ナギと運命的な出会いを果たす。

彼女と出会った時から、「自殺の名所」である「情死ヶ淵」の話題をした時、青江ナギが「私たちも今から心中しようか」と持ち掛けたときから、令児を取り巻く環境は大きく変わっていく。

青江ナギをはじめ、魅力的なキャラクターが数多く登場するのが本作品の魅力の一つでもある。

モブと呼べるような存在が一人もおらず、登場人物のひとりひとりの生き方・行く末を楽しんで読むことができ、全員が重く薄暗い人間の負の感情を抱いていることを示唆する表現が癖になるような作品である。

また、1話1話の作品展開が激しく、読んでいて飽きない間延びする部分のない構成をしており、苦い読後感とともに、続きへの期待を抱くことが出来るような作品でもある。

そして何よりも、ダークで表情豊かなイラストは読者を惹きつける魅力があり、読んでいて他人に紹介したくなるような作品となっている。

Amazonで見る

空挺懐古都市(石据カチル)

圧倒的な画力で引き込まれる、SF恋愛漫画!

海面の上昇から地上に住むことが難しくなった近未来、人々は空挺都市と呼ばれる特殊な化石燃料で浮力を得る 空の上の都市へ住居を移し始めている。

快適に見える空挺都市では、化石燃料から発生する汚染物質から妖精病(メランコリア)と呼ばれる、自分にとって一番大切な人の記憶のみが無くなるという病が流行っている。

恋人関係であったり、友人関係であったり愛の形にとらわれず、一番大切な人として自分に存在する人の記憶を忘れ生活をしている人々のストーリーが石据カチルの圧倒的な画力で美しく、そして切なく描かれている。

主人公風波トキ・花宮ユナの恋愛模様の切なさや、特殊な化石燃料の秘密など、ストーリー自体の面白さも抜群ですが、何といっても絵の美しさがずば抜けており、この不思議で切なく美しい世界観にどっぷりとつかれます。

キャラクター、空挺都市、どこを描いても1ページ1ページがまるで絵画のようで、単行本で手元に置きたくなる作品です。

Amazonで見る

思い、思われ、ふり、ふられ(咲坂伊緒)

心が綺麗になる少女漫画

性格の正反対な2人の女の子が、恋愛や友情、家族、将来など様々な悩みに向き合い成長していく姿を描いた青春ストーリー。

優しい絵のタッチや淡い色使いがとても美しい少女漫画です。

咲坂先生といえば登場人物の表情が丁寧に描かれている作品ばかり。

本作品も心理描写が細かいので毎ページ感情移入せずにはいられません。

由奈は朱里や理央との出会いをきっかけに、気弱な自分を変えたいと思います。

大切な人を守りたいという気持ちが由奈を強くさせ、周りもそんな由奈に勇気をもらいます。

お互いに思いやり過ぎて気持ちがすれ違うこともありますが、想いが通じ合った時の感動といったら。

そこからはもうキュンキュンが止まらない展開ですので、ぜひ味わって頂きたいです。

若い世代も楽しめる内容ですが、大人が読んでも共感できる部分がたくさんあると思います。

私は成人していますが、3回ほど号泣してしまいました。

ピュアな気持ちを取り戻し、本の中でキラキラした時間に浸ってみてはいかがでしょうか。

Amazonで見る

スラムダンク(井上雄彦)

今こそ読もう!スラムダンク

今回絵が綺麗な作品として紹介するのは、大人気バスケットボール漫画のスラムダンクです。

誰もが一度は名前を聞いたことがある有名作品ではないでしょうか。

実はスラムダンク、この冬12月3日に映画化が発表されました!スラムダンクって名前は聞くけど、昔の漫画だし今更読んだことないなぁという方!今こそ、スラムダンク読んでみませんか? スラムダンクはストーリーの面白さはもちろん、絵の綺麗さがすごい! 作者・井上雄彦さんの絵の魅力は、現実に忠実な写実的描写です。

体の曲線、筋肉の動き、手指の繊細な形取り、、、すべてが現実に近いリアル。

アニメのキャラクターと言うよりも、人間としての魅力が画面から溢れ出ているんです。

スポーツ漫画ならではの躍動感の魅せ方も井上雄彦さんだからこそできる芸術。

漫画の有名なラストシーンは、漫画なのに、文字が一切ありません。

絵だけでラストを何ページにも渡って描かれています。

それがありえないくらい泣ける。

井上雄彦さんの絵だからこそできる作り方だと思います。

スラムダンク、単行本にして31巻です。

是非ご覧くだAmazonで見る

ストロボ・エッジ(咲坂伊緒)

登場人物の綺麗さ

10年以上前の作品にはなりますが 人気少女漫画が多数連載されている 〖 別冊マーガレット〗にて2007年から 2010年まで連載されていて2015年には実写映画化もされた 〚ストロボ・エッジ 〛という作品です。

この作品は王道の学園ラブストーリー ですが作者咲坂伊緒さんの人物画が非常に綺麗でどの登場人物も個性があり被ることなく読み進められます。

主人公の木下仁菜子はクラスのマドンナ的存在とは言えないものの可愛らしい性格や表情が高校生らしく描写されておりそんな仁菜子が想いを寄せる学年一の男の子一ノ瀬蓮は実際に恋愛感情を抱いてしまいそうになるほどかっこいいです。

その他の登場人物も美男美女が多く仁菜子と蓮以外の恋愛模様もドキドキしながら読み進める事ができます! そんななんの変哲もない高校生の話ですが最初は彼女がいるので振られてしまったけども一途に想い続ける仁菜子。

そんな仁菜子の気持ちに徐々に応えるかのように惹かれていく蓮。

だけど蓮には彼女がいるのでその彼女に向き合おうとする優しい気持ち。

けれども本当の自分の気持ちに気がついた時の感情表現や描写はホントに美しいですし見どころです。

そんな仁菜子に最初は興味本位で近づいたけど次第に本気で好きになるチャラ男の安堂拓海の描写も必見です! 一つ一つが丁寧に綺麗に描かれていて ドキドキさせてくれる〚ストロボ・エッジ〛を私は紹介します。

Amazonで見る

AR/MS!!(エーアール・マルチプルサヴァイヴ)(祐佑)

近未来eスポーツのスポ根漫画!

本作ではタイトル通り拡張現実の技術が発展した近未来を舞台に、ARサバゲ―とも呼べるAR/MSというスポーツが流行している。

体育館ほどのスペースでAR技術によってプレイヤーは騎士、魔法少女、侍などの姿に変身してサバイバルゲームを楽しむ事ができる。

主人公、向日葵は引っ込み思案な性格で魔法少女ラブリー・ミリーが大好きなのだがAR/MSデビューができずにいた。

高校入学と同時に今度こそAR/MS部への入部を決意し、同じ新入部員で経験者の朝凪春一、空海貞純と共に新入生歓迎会の試合でAR/MSデビューを果たす。

憧れの魔法少女に成れた喜びを噛み締めながら経験者2人のサポートで初めての魔法を放つ。

だが彼女は知らなかった。

味方を味方とも思わない悪ふざけ大好きな空海、役に成り切って相手を恐怖のどん底に突き落とす朝凪、そして天才型で話が通じない部長の鳥甲鶚によって鮮烈で最悪な高校デビューを飾ってしまう。

向日葵はまだ知らなかった。

そんな高校デビューなど可愛いレベルで彼女はこれからもっと苦労するとAmazonで見る

プロミス・シンデレラ(橘オレコ)

胸キュン!恋愛ストーリー

私は、ドラマで拝見しました。

早梅さんの夫にはイラッと来たけど、なんか凄かったです。

漫画では、人物の目なんであんなにキラッと描けちゃうのだろうといつも思います。

ストーリーでは、ラブラブな2人のシーンに少し冷たい態度の男子高校生の壱成くんが乱闘する場面ついには、三角関係のシーンも最高です。

ハラハラドキドキとするもう女子にはメロメロです。

壱成君のサイコロ人生ゲームなんか面白そうだったけど、現実にそんなに甘くないところが漫画やドラマの作りなんだと思います。

不倫され、貧乏人からのゲームに巻き込まれる展開が早すぎて視聴者の方には、混乱してしまいます。

でも、壱成君のお兄さん 成吾さんの神対応が素晴らしくライバルの敵である菊乃さんには、塩対応のギャップが激しさです。

最初は、ドロドロ関係からキュンキュン関係までいき、最後は心がスカッといくような終わり方で文句なしです。

主人公だけでなく、周りのキャラクターたちの活躍が凄いです。

Amazonで見る

イオナ(澤井健)

ストレートな美しい女性を描かせたら右に出る者はいないのでは

主人公は恐ろしく美しい、でもかなりおかしな女教師。

彼女が小学校のある1クラスをひっかきまわすギャグあり、ほろりありのマンガです。

とにかく主人公の顔、スタイル、ファッションが美しく描かれています。

主人公だけでなく、すべての絵が上手だな、と感じました。

私は個人的に描きこまれた黒っぽい紙面よりも、シンプルな線で描かれたどちらかといえば白っぽい紙面の方が好きなのですが、その好みにドンピシャにはまりました。

このマンガよりももっと好きなマンガも、漫画家もたくさんいますが、今までストーリーなどまったく関係なく、絵柄だけで好きだと感じたのはこのマンガだけです(とはいってもマンガの内容自体もとても面白いと思いますが)。

シーンを切り取って例えばポスターにしたいと感じるコマもたくさんありました。

とてもイラスト的なコマが多いように感じます。

作者は美しい女性がとても好きなのだと思います。

だからあんなに女性を美しく描けるのだろうな、そう感じさせてくれるマンガでした。

Amazonで見る

幽☆遊☆白書(冨樫義博)

バトル漫画の金字塔

モンスター漫画、大ヒット作品を生み出し続ける集英社は週刊少年ジャンプで堂々たる連載をされたのが冨樫義博さんの描く幽☆遊☆白書です。

アニメ化はもちろん映画化されたり、後に舞台化されるなど時代を超えて支持されている作品です。

主人公浦飯幽助はひょんな事から霊界探偵となり多くの妖怪と闘うことになります。

週刊誌でありながら作者の気力あふれる画力が胸を打つ作品です。

中でも必殺技の描写など、ド派手なシーンが美しいです。

スクリーントーンがその美しさを際立たせますが、作者のセンスを感じますね。

キャラクターとしても主人公浦飯幽助を始め、その浦飯幽助をも超える読者人気を誇った浦飯幽助の仲間達、妖狐蔵馬、飛影など、ビジュアル的に美しいキャラクターも多々登場します。

週刊誌というタイトなタイムスケジュールななか、これほどのクオリティ、美しい絵を描く作者はなかなかいないと思います。

そういった観点から冨樫義博さんの幽☆遊☆白書を絵がきれいな漫画として紹介させていただきました。

赤ちゃんと僕(羅川真里茂)

全てにおいて最高水準!

こちらの作品は白泉社、花とゆめに連載されておりました。

アニメ化されるなど人気を博しました。

母親を早くに事故で亡くした小学生、榎木拓也と、弟の未就学児、榎木実と、その父親、榎木春美を軸とした日常を面白くも楽しく、切なく時にシリアスに描いた作品です。

中でも主人公の小学生、榎木拓也のビジュアルはまるで女の子のようで見る人を引き込みます。

実に、表紙買いしてしまうような魔力を持った漫画だと言えると思います。

基本的に一話完結で一話一話読み応えがあります。

月刊誌ということで一話毎のページ数も丁度良いと思います。

少女漫画でありながら主人公が男の子というところからも、男女問わずに支持を集めた要因といえると思います。

絵に関しても主人公である、榎木一家はもちろん、それを際立たせるような友達一家の存在など、如実にその絵の上手さ、話作りの上手さ、展開の上手さとどれをとっても大変素晴らしいと思います。

羅川真里茂さん自身画集をいくつか出しているように、その絵の上手さ、イラストの美しさはまさに出身地であられる青森の自然の美しさを彷彿とされるようです。

花ざかりの君たちへ(中条比紗也)

まるでイラスト

月間誌花とゆめで連載されていた少女漫画になります。

こちらの作品はドラマ化されるなど大変な人気を集めました。

主人公の芦屋瑞稀は正真正銘の女の子だけど、好意を寄せる男の子、佐野泉を追って男子校に転入します。

そこで織りなす学園ドラマがはらはらしたり甘酸っぱかったり、また、個性豊かな仲間たちが学園生活に彩りを与えます。

中でも特筆すべきはその絵になります。

the漫画!と言う様な絵というよりはイラストとイラストを繋げたような独特な感じです。

なので、コミックスの表紙絵に、惹かれて読み始めたという人も多いと思います。

この作者の方は、女性漫画家の方は多いとも思いますがやはりイラストレーターとしてもとても素敵なイラストを描くことでも知られています。

イラストレーターとしての線はもちろんのこと、その配色、淡いカラーなどは見ていて引き込まれてしまいます。

そのイラスト力を持ってしてこの漫画は描かれているので、絵がきれいな漫画としてこちら、中条比紗也さんの花ざかりの君たちへをご紹介させていただきました。

Amazonで見る

僕のヒーローアカデミア(堀越耕平)

エモい!僕のヒーローアカデミア

今回絵が綺麗な作品として紹介するのは、週刊少年ジャンプで連載中の僕のヒーローアカデミアです。

秋にはアニメ第6期が決定している超人気作品です。

筆者が、僕のヒーローアカデミア、通称ヒロアカの見どころの1つだと考えるのが絵の繊細さ! もちろんバトルアクションならではの力強い絵が魅力!なのですが、それと同じくらいキャラクターの心情を読者に伝える繊細な表情の描き方をされています。

最高のヒーローを目指すキャラクターたちは、笑顔ばかりではいられません。

悩み、悲しんでいる気持ちが痛いくらいに伝わってくる描写……。

ぜひ多くの人に見て欲しいポイントです。

また、ヒロアカで印象に残るのは絵の色!ヒロアカはアメコミをリスペクトし作られていて、ヒーローコスチュームもハッキリとした色が多いです。

アニメに寄せたイラストもかわいいのですが、筆者が好きなのは、淡い色で塗られた作品。

正直、エモい!の一言です。

筆者は表紙の絵に惹き込まれ単行本を全巻買い揃えました。

全32巻(購入当時)を即決表紙買いさせる程のエモさ、ぜひ見て頂きたAmazonで見る

先輩はおとこのこ(ぽむ)

繊細な青春を描いたおすすめ漫画

物語の主人公は、女装好き、かわいいものが大好きな少年とメインキャラ2人、合計3人の青春を描いた物語です。

一見、パッと見ると、見た目は女の子。

とてもかわいい、ですが、中身は女装している美少年です。

その幼馴染の男の子。

この男の子は、主人公が男でも女でも、恋愛的な意味で主人公のことが好きなんです。

ですが、男が男を好きというのは、きっと現実でも理解してもらえないこともあり、それを伝えるのはきっと勇気がいることでしょう。

その2人の後輩の女の子。

ショートカットで、元気いっぱいで、とってもいい子。

でも、いい子過ぎて、周りの顔を伺いながら時を重ねていて、我慢してしまいがちな子です。

後輩の女の子は、母親が出て行ってしまい、父親は単身赴任で大好きなクジラの研究をしに海外にいて、祖母の家で暮らしています。

女の子は一番大切にされたくて、一番を探しています。

そんな中、突然母親が帰ってきて、彼氏と母親と3人で住まないかと言われ、何とも言えない思いをします。

同時に父親にも一緒に住まないかと言われます。

なんとも、切なく、幸せになってほしい、もっとわがままになってほしいと喉から手が出るほど叫びたくなりますよ。

主人公は、母親にかわいいもの、女の子らしいものが理解されない。

幼馴染は、世間に伝えるには勇気のいる難しい悩み。

後輩は、我慢してしまいがちで、一番が欲しい。

そんな3人の切なくて温かく美しい物語です。

Amazonで見る

バガボンド(井上雄彦)

絵が綺麗な漫画!リアルな宮本武蔵がここに!バガボンド

絵が綺麗と言えば、「バガボンド」をお勧めします。

作者は「SLAM DUNK」「リアル」でお馴染みの井上雄彦先生です。

井上先生の漫画は心理描写が多く、絵も綺麗なためキャラクターの心情がよく伝わってくることが特徴です。

「バガボンド」は宮本武蔵が主人公の漫画です。

天下無双を目指して、最強を目指し旅をするという王道の漫画かと思えば、様々な経験し心が変わり、時には迷う様子が描かれている人間の成長物語です。

時代劇のような戦闘シーンが特に迫力があります。

まるで、陽炎をまとっているような武士の立ち姿勢、覚悟や生き様を感じます。

かと思えば、日常の農業のシーンでは穏やかな宮本武蔵の表情が描かれています。

特に顔がアップになったときの、表情の描き方が上手いです。

迫力のあるかっこいい絵が好きな方にはお勧めします。

ただし、佐々木小次郎の設定がろう者であったりと、少しアレンジが加えられている点もあります。

そのため、井上先生のアレンジが好きな方にはお勧めできます。

Amazonで見る

孤独のグルメ(久住昌之)

孤独のグルメ面白い

孤独のグルメは食べ物の絵がきれいし、主人公の井之頭五郎の食べっぷりも見ものです。

高級レストランとかではなくて一般大衆食堂や個人の店がメインで描かれていて実際にあるお店を紹介されているので漫画で見た料理がそのまま食べに行くことができそう。

一人での食事なので頼む量も多くて実際はそんなに頼めるのかは疑問だが一人ならできるのだろう、私は家族がいるので実際はできないので漫画を見て楽しんでいる。

詳細で綿密な料理の絵が凄すぎて本当に食べれそうなくらいの絵の描写で圧倒される。

お店で料理を食べる時に結構考えて食べているのが良くて、私はあまり主人公みたいに考えて店の献立を見たりしないし、食材の事を考えて食べていないので正直びっくりしました。

あそこまで料理の献立を見ているのがちょっと信じられなかったくらいです。

主人公が孤独に料理を楽しんで食べているだけの漫画なのになぜか共感が持てるし読んでしまう。

特に何もなくおじさんがご飯を食べているだけの漫画なのに面白い。

Amazonで見る

艶漢(尚 月地)

圧倒的画力で描く艶やかな男達の物語

艶漢はタイトルにある通り「艶やかな漢(男)の物語」です。

中性的で美しい容姿を持つ無類の女好き「吉原詩郎(よしわらしろう)」と正義感が強く誰に対しても優しい巡査「山田光路郎(やまだこうじろう)」が出会い、偶然立ち会う様々な事件を共に解決します。

作者の尚月地先生は画集も数々出版されるほどの圧倒的な画力の持ち主で、繊細な線と鮮やかな色彩が特徴です。

その画力は本作でも遺憾無く発揮され、まるで画集の1ページのような完成度の高い作画が続きます。

その素晴らしい画力で描かれた艶やかでどこか妖艶なキャラクター達は設定もしっかりしており、美しい金髪パーマに長身の男も魅了するほどの色気をもつ吉原詩郎の兄「吉原安里(よしわらあんり)」や、山田光路郎の妹「山田アグリ(やまだあぐり)」など、物語が進む事に魅力的なキャラクターがたくさん登場します。

男性だけでなく女性も美しく魅力的に描かれているので、男性キャラよりも女性キャラが好きな方も楽しめます。

ミステリー要素も強く、美しい作画と怒涛の展開に胸がワクワクと踊る作品です。

Amazonで見る

化物語(西尾維新×大暮維人)

絵が綺麗で楽しめる漫画!化物語

絵が綺麗な漫画を読みたい方にお勧めしたいのは「化物語」 元々は小説として西尾維新さんが書いていたものです。

漫画版は「天上天下」「エア・ギア」の作者である大暮維人さんが担当しています。

この漫画の魅力は、絵が綺麗だけでなく迫力があり、かつ繊細な絵描写が多いです。

主人公の表情の豊かさ、ヒロインの美しい雰囲気、激しい戦闘シーン、そして文字の入れ方。

特に戦闘シーンは音が聞こえてくるのではないか?と思えるくらい迫力があります。

ヒロインの妖艶さも描かれており、女性の書き方が非常に上手です。

アニメ版でキャラクターや、戦闘シーンがかなり綺麗に描かれていたため、漫画版はどうなるかなと?気になっていましたが、期待以上でした。

ただし、戦闘シーンがリアルすぎる描写があるため、人から血が出ることが苦手、グロシーンは見たくないという方にはお勧めできません。

また、原作とストーリーの進み方が違うため、原作通りに進んでほしい方もあまりお勧めできません。

Amazonで見る

よつばと(あずま きよひこ)

背景のキレイな漫画、よつばと

正直あまり期待せずに一巻を読みました。

なんとなく2巻以降を読み出したら止まりませんでした。

不思議な5歳の女の子を取り巻く大人達の様子に共感しました。

よつばちゃんの「初めて」を周りの大人がワクワクしながらその反応を楽しみに過ごしている感じです。

よつばちゃんのドキドキワクワクの表情がとても可愛くて癒されます。

私もこんな風によつばちゃんと過ごしたいなぁと思いました。

若くてイケメン風なお父さんとは血の繋がりは無いのですが、本当のお父さんのようによつばとカレーを作ったり買い物に行ったりと、ごく普通の生活を描いています。

お隣さんやお父さんの友人に対する反応や発言がいちいち可愛いよつばちゃん。

特にキャンプに出かける話と気球を見に行くお話の絵が印象的でした。

背景の絵がとてもキレイです。

後半のほうがイラストの線が繊細になってきている気がします。

カラーページの色味も優しくて好きです。

この小さな女の子の初めてが何歳まで描けるのか心配でもあります。

Amazonで見る

DAYS(安田剛士)

諦めないこと

DAYSと聞いて一見何のスポーツマンがかわからない人も多いだろう。

これは、東京都のある高校のサッカー部を描いたスポーツ漫画である。

ただのサッカー漫画ではない。

他と大きく違うところは主人公の柄本つくしは、全くの初心者であるということだ。

しかも柄本つくしが通う高校は東京でも屈指の強豪校である聖蹟高校。

もともとサッカー部に入る予定ではなかった柄本つくしだが、高校入学前にたまたま知り合った天才プレイヤーの風間陣に放課後にフットサルに誘われる。

初心者ということもあり、全く足元がおぼつかない中、柄本には並外れた根性という唯一の武器を手にその試合で点を取る。

柄本になにかを見出した風間はサッカー部への入団をすすめ、柄本は入部することに。

今までサッカーに打ち込んできたエリートが集うサッカー部の中で、唯一の初心者である柄本が死に物狂いで練習し、他のプレイヤー、監督、観客の心を突き動かす。

ら高校トップレベルの試合に出るため、活躍するために初心者か高校生がもがきにもがくストーリー。

Amazonで見る

神風怪盗ジャンヌ(種村有菜)

変身系魔法少女の新しい形

とにかく絵がめちゃくちゃ綺麗です。

当時の世代の女子は、みんなこの漫画の模写をしていたほど人気がありました。

主人公の女子高生 日下部まろんは、ジャンヌダルクの生まれ変わりで、綺麗な絵に取り憑いた悪魔を回収するために神風怪盗ジャンヌとして活躍しているという設定です。

このまろんの周囲で起こる出来事を書いているのですが、恋愛や友情、そして悪魔や天使と言った思春期の女の子が好きそうなものが満載されています。

主人公は文句なく可愛く、優しく、みんなに好かれてモテて、そして心に少し影を持っているというTHE主人公という感じです。

他の魔法少女ものとやや違うのは、美少女戦士セーラームーンやプリキュアのように凶悪な敵と戦ったり、ひみつのアッコちゃんなど日常の中の魔法というような感じではありません。

一応は悪魔という敵はいるのですが、主人公の恋愛や友情、人間関係に重きが置かれているところが他の変身系魔法少女と違う点です。

冒頭にも書きましたが、とても絵が可愛く、主人公が着ている洋服も可愛いので絵を見ているだけでも十分楽しめます。

Amazonで見る

最新の本