マンガ紹介

主人公の生き方に感銘を受ける漫画「SWAN」

バレエ漫画。有吉京子さんの作品。1976年~1981年まで『週刊マーガレット』にて連載。


古い漫画ですが今読んでもバレエのみならずダンスをしている人達に多大なる影響を与えることのできる漫画ではないかと思います。

主人公の聖真澄は北海道の小さなバレエ教室の生徒。ある日、東京でのバレエ公演を見るために上京し、感動した真澄は警備員の制止を振りきり楽屋に押しかけ、主役の2人の前で舞台の感動を踊りで表現します。

その出来事をきっかけに、秘めた才能を見出された真澄は世界のバレエトップダンサーになるまでの道のりを描く物語となっています。

物語の内容が面白いのはもちろんですが、絵が美しく、登場人物も美男美女が多いため本物のバレエの世界を垣間見ているような(トップダンサーになるためには容姿も大事なのだろうと思わせる)気持ちになれます。

バレエの衣装も背景も細かく美しく描かれていて、ダンサーが踊る姿には美しさにプラスして迫力が感じられる描写があり絵を見るだけでも引き込まれてしまいます。

真澄がトップダンサーに成長していく過程で挫折あり、恋愛あり、大事な人との死別ありと波乱万丈な日々の中、心身共に成長し続けていく真澄の姿に注目しながら見て頂きたい漫画です。

主人公の心の強さと、それを後押しする描画の美しさが感じられる私の一押しです。

最新の本